© 2016 by Salon de monna. All rights reserved

  • Facebook Social Icon
THERAPIST PROFILE
【1995】

甲南大学文学部社会学科臨床心理学コース 卒業

【2002】

日本アロマコーディネーター協会認定 

アロマコーディネーター資格取得(現在は協会退会)

【2005】

レイキヒーリング ティーチャーズディグリー修了

【2015】

日本アロマセラピー統合医学協会認定 

メディカルハーブセラピスト資格取得

【2019】

■アルティメット・エナジェティクス(UE)プラクティショナーコース修了

■神威伝授

■さとう式リンパケア上級講座修了

 

 

明るく社交的な母と、普段は借りてきた猫より大人しいけれど、お酒を飲むと豹変する商社マンの父の元に長女として誕生。

それゆえ幼い頃より男性恐怖症となり、常に周りの顔色をうかがう、いわゆる「いい子症候群」を患っている子どもであった。

高校3年の時、盲腸で入院中肝臓がウイルス感染し、翌年、急性肝炎で再び入院。『動いたら劇症肝炎になってあっという間に死んでしまう』と言われ、「私はいずれ死を迎えることを恐れてはいるけれど、普段、自分の人生が明日終わるかも知れないなんて、これっぽちも思わずに生きてるんだなぁ…」と、この世に存在する意味について深く考えるようになる。

そんな幼い頃からの様々な環境の影響もあり、大学では臨床心理学を専攻。

 

就職氷河期の中、大学卒業後、ワープロ講師として就職したものの、心身共に弱く、社風が合わず、あっという間に激やせ、激務で体調崩し、半年で退職。

以後、派遣、アルバイト、正社員…等々、職を転々とし、精神的ストレスがピークに達した時、過呼吸で救急に運ばれる。

 

激しい目まい、手足のしびれ、過呼吸…

いつまたこの症状が出るのかと思うと簡単に外にも出られない。仕事もできない。

私はなんてダメな人間なんだ、社会不適応人間なんだ…と鬱々とした日々を数年過ごしたのち、知り合いのエステティシャンの方に、「体が歪んでいて、気の流れが悪いから、心身共に弱くなってしまう」と言われ、何カ所か整体院に通いつつ、骨格などについても指導を受け、カラダの使い方から正しい呼吸の仕方まで教わり、気の流れを意識するようになり、心身共に徐々に回復、仕事も再び始められるようになる。

 

整骨院の先生に、「アロマとか勉強してみたらどう?西洋では保険の効く医療としても扱われてるんだよ」と勧められ、全く興味のなかったアロマの世界へ。 

 

その辺りから、有難い出会いを沢山頂き、人生観が激変し、人生の流れが変わっていく。

資格取得、ゴスペルとの出会い。

程なくして、人生の伴侶と出会い、二人の子宝にも恵まれる。

二回の流産を経験しているので、あと二人、お空にも。

もう15年以上、過呼吸の発作も出ていない。

 

ずっと生きづらさを抱えていた若かりし頃、しばしば線路に吸い込まれそうになったり、トラックの前にフラフラ歩み出たり。

そんな経験も私の人生には必要だったのだと、今なら思える。

人生には、自分にとって最適な出来事が、ベストなタイミングで起こるのだとつくづく思う。

心底ツライと思うことでも、全ては私に必要なことであり、学びであり、必然。

 

そして気づけば、「悩みとか、ストレスとかないでしょ」なんて言われるまでになった(笑)

 

*****

 

ハイ、もちろんありますよ。

まだまだ答えを求めて彷徨ってしまいがちですが、全ての答えは既に自分自身の中にあるのだと、自分を信頼し、認め、愛していきたいと思う今日この頃です。

そして、このサロンで、皆さんと愛のエネルギーを分かち合えたら嬉しいです。

全ての出会いに感謝♡

 

 

 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now